Gravityfree

2人から成る絵画作家。2002年よりライブハウスやクラブにて絵を描く遊びから始まり、FUJI ROCK FESTIVALを中心とする野外フェスなどにも活動の場を拡げ現在に至る。Gravityfree (無重力、重力の無い)という名前にもある様に、常識とされる世のしがらみから解放された、人間の根源的な衝動の瞬間や、見えないモノを可視化するなどをコンセプトにしている。計画的かつセッション感あふれる即興性の高いライブペインティングスタイルはGravityfreeの主な特徴となっている。 2人の背景として、ストリートアート、漫画などのサブカルアート、弱き立場の尊厳を重んじるレベルミュージック、民族音楽などからの影響が色濃く作品に反映される。 様々なシーンでのライブペイントや壁画制作を中心に創作活動を続けている。

【過去の活動や実績】

2002年 CLUBやLIVE HOUSEなどの音楽カルチャーとともにその場で絵を描く遊びが始まる。

2008年 サンフランシスコのArt show”SIR”でのLive paintingや、ポートランドのフットウェアブランドKEEN 主催 STAND FESTIVALに出演、ポートランドACE HOTELの一室に壁画を残す。

2009年 モンタナ州、ミズーラ市のガーデンシティローカルフェスティバルにてLive paintingを披露。

2010年 カルフォルニア、オレゴンをバイオディーゼルとベジオイルを使って北上するツアー、ELEMENTS TOURに参加、5都市にてLive paintingを披露する。
ワークショップやアートを中心としたキャンプイベント”ARThcamp”を静岡県富士宮市にて企画開催。

2011年 テネシー州、アメリカ最大のミュージック&アートフェス”bonnaroo”でLive paintingを披露。

2012年 越後妻有アートトリエンナーレ(大地の芸術祭)にてインスタレーション作品、DEAIを公開。

2014年 ボリビアツアー敢行、ウユニ塩湖のホテルルナサラダと、ウユニ小学校に壁画を残す。

2015年 エクアドルツアーを敢行、ガラパゴス諸島サンタクルス島の中心地となるサンフランシスコ広場に壁画を残す。台湾ツアー、台北、台南にて Live paintingを披露。 越後妻有アートトリエンナーレ(大地の芸術祭)にてインスタレーション作品、DEAIを2度目の公開。

2016年 台湾ツアー、台北、台南にてLive paintingを披露。

2017年 東日本大震災からのプロジェクト、”牡鹿半島 食堂 いぶき” がオープン、店内にふすま絵を制作。フィリピンにて開催された、ASEAN JAPAN TV FESTIVALにてLive paintingを披露。

2018年 越後妻有アートトリエンナーレ(大地の芸術祭)にてインスタレーション作品、DEAIを3度目の公開。

2019年 台湾ツアー、台北、台中にてLive paintingを披露。

2020年 絵画展 ANIMADELIC 開催。 

 

Works

MOVIE

+ARTに登録して、今おすすめのアート作品情報を受け取りませんか?