田中紳次郎

田中紳次郎はシンプルな線のもつ無限大の可能性をテーマに、冷静と情熱、過去と未来、生と死など、相反する要素を同居させた表現をするアーティスト。その形はキャンバスペイントに限らず、壁画、アパレル、立体物、デジタルアートなど多岐に渡る。アートは万人のものであるとして、近年ではあえて作品にタイトルをつけず、鑑賞者に解釈を委ね、作品そのものによる自由な対話を試みている。
1985年CA州生まれ。2008年慶應義塾大学卒、電通を経てNYへ移住。
ミュージカルプロデューサーアシスタント 、ダンサーとしてNile Rodgers and CHICと共演、アパレルブランド”BSWK”立ち上げ、平成中村座NY公演出演など、様々な経験をアートに活かしている。
帰国後、2018年には初個展 “FACE”を開催。2018年末にNYにて30日間路上でライブアート活動を実施、翌年個展”NYC STREET ART PROJECT” を開催。同年にはART BATTLE TOKYOで優勝、ロンドンのギャラリーでの展示やストリートに壁画を施すなど、型にとらわれず国内外で活動をしている。

【展示】

2018  FACE / ソラゼノン (Tokyo) 

2018 ニューヨークにおいて30日間路上でライブアート活動を実施 (New York)

2019 NYC STREET ART PROJECT / Port of Call Daikanyama (Tokyo)  

2019 REINCARNATION / RIGNA TERRACE TOKYO (Tokyo)

2019 PEN / Why not? (Tokyo)

2019 DCONTEMPORARY PAINTING PRIZE 2019 / D-Contemporary (London)

2020 Memento Mori / Pulplism (Tokyo)

2020 Carpe Diem / eplus LIVING ROOM CAFE&DINING (Tokyo)

2020 Augmentation / Why not? (Tokyo)

2020 WHAT CAFE POP UP SHOW with 100 ART WORKS / WHAT CAFE (Tokyo)

 

【受賞歴】

2019 ART BATTLE TOKYO 優勝 (Tokyo)

2019 DCONTEMPORARY PAINTING PRIZE 2019入選 (London)

2020 アジアデジタルアート大賞展FUKUOKA 一般カテゴリー/動画部門 入賞

 

Works of Born New Art

Available for purchase(購入可能)

 

Works

MOVIE

+ARTに登録して、今おすすめのアート作品情報を受け取りませんか?